スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<北教組事件>資金提供認める方針 2被告、黙秘から一転(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営に計1600万円を違法献金したとされる事件で、政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反の罪で起訴された2被告と北教組が、起訴内容を認める方針であることが分かった。北教組は当初、「不当弾圧だ」と検察側と争う姿勢を示していたが、一転して資金提供を認めることで、裁判は早期に決着する見通しになった。初公判は木村美智留被告が5月18日、長田秀樹被告と北教組が同19日に決まった。

 起訴されていたのは▽小林陣営の会計責任者で自治労道本部財政局長の木村被告(46)▽北教組委員長代理の長田被告(50)▽団体としての北教組。木村被告については、21日の札幌地裁での公判前整理手続きで、弁護人が争わない姿勢を明らかにした。関係者によると、長田被告と北教組も違法献金を認める方針という。長田被告は21日夕、保釈金500万円で札幌拘置支所から保釈された。【久野華代、金子淳】

【関連ニュース】
北教組事件:政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」
北教組事件:小林氏続投 地元民主に賛否
北教組事件:1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける
北教組事件:幹部ら2人起訴 小林議員、離党・辞職を否定
北教組事件:小林議員への対応を検討 鳩山首相

「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
放鳥トキ また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初-業過致死傷罪・神戸(時事通信)
負傷者らがメモリアルウオーク JR福知山線脱線事故(産経新聞)
スポンサーサイト

大手スーパーを視察=野菜価格高騰で-農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は21日、低温や日照不足による生育の遅れで野菜の価格が上昇しているのを受け、大手スーパー、ジャスコの品川シーサイド店(東京都品川区)の野菜売り場を視察した。同店では形が不ぞろいだったり、傷が付いたりした「規格外野菜」を実験的に販売している。
 赤松農水相は視察後、記者団に「多少傷が付いても安い方がいいという選択肢ができた。こうした取り組みをやってもらうよう日本チェーンストア協会にも要請した」と語った。 

【関連ニュース】
イオンとヨーカ堂が野菜値下げ
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕
食パンに針混入=67歳女を逮捕
食パン2袋から針=13日にも同店舗で3本
刺身と菓子パンから針=三重

金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)
消費税率、11年度から上げ提言=「毎年2%」-持続的成長に不可欠・経団連(時事通信)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)
川内国交委員長が法案に反対=割引財源での道路建設(時事通信)
露大統領「領土問題から逃げない」(産経新聞)

子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)

 民主党は15日、参院選のマニフェスト(政権公約)を議論する国民生活研究会分科会を開き、子ども手当に関する公約素案をまとめた。来年度以降は満額(月額2万6000円)支給とし、財源を所得税などの配偶者控除や扶養控除の廃止で捻出(ねんしゅつ)することを盛り込んだ。
 昨年の衆院選時のマニフェストを踏襲する内容で、5月上旬までに研究会としての公約案を正式に取りまとめ、上部組織の党企画委員会に報告する。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分-東大(時事通信)
<掘り出しニュース>空腹にたえかね、他人の家で野菜炒め調理中に御用(毎日新聞)
<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
<水俣病>鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で(毎日新聞)

<社民党>サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で(毎日新聞)

 社民党は8日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先候補地に挙げている米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島に、9~11日の日程で視察団を派遣すると発表した。団長は照屋寛徳国対委員長が務め、移設受け入れに積極的とされるデラクルス・テニアン市長らとの意見交換を予定している。

 国外移設を主張する社民党に対しては、政府内からも「『これはだめ、あれはだめ』ではなく、政権を担うものとして自覚を持ってほしい」(岡田克也外相)との批判が出ている。社民党は今回の訪問団派遣で、地元の前向きな意向を改めて確認し、日本政府に移設先としての再検討を迫りたい考えだ。

【関連ニュース】
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
鳩山首相:「会期内成立に全力を」…延長論にクギ
普天間問題:鳩山首相、米大統領に直接説明する意向
小沢幹事長:5月の訪米見送り
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言

牛丼店に強盗、8万円奪う、革手袋にはどくろマーク(産経新聞)
<ニュース1週間>日米密約認め、国に文書開示命令/山崎さん、宇宙へ(毎日新聞)
救急救命士国試、合格率84%(医療介護CBニュース)
新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
村本さんの遺体、今夕帰国=ロイター関係者とタイ出発(時事通信)

園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)

 自民党古賀派は8日、新党結成のため離党届を提出した園田博之前幹事長代理、1日の党両院議員懇談会で派閥解消を求めた平井卓也氏の退会をそれぞれ了承した。これにより、同派所属議員は衆院22、参院9の31人となった。 

【関連ニュース】
藤井氏、離党届提出=新党参加の5人、午後に会合
与謝野氏に批判も=自民が全国幹事長会議
新党、5人確保=10日に旗揚げ会見
新党が小沢氏「延命」に貢献=民主・渡部氏
新党名は「たちあがれ日本」=中川義氏も自民離党届、5人確保

鳩山首相、連合会長に参院選協力を要請 連合とのトップ会談(産経新聞)
やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)
由美かおるさん「黄門」降板(時事通信)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす--大阪・寝屋川(毎日新聞)
<自民>子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める (毎日新聞)

警察庁長官狙撃 「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長(毎日新聞)

 国松孝次・警察庁長官(当時)が狙撃された殺人未遂事件の公訴時効(15年)が成立した30日、警視庁の青木五郎公安部長は会見し「オウム真理教の信者グループが松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の意思の下、組織的・計画的に敢行したテロと認めた」と発表した。その上で「犯人に法の裁きを受けさせることなく時効を迎えたことは誠に残念」と述べた。警視庁が時効事件で所見を示すのは初めて。南千住署捜査本部は30日午後、容疑者不詳で東京地検に書類を送付し捜査を終結する。

 青木部長は会見の冒頭、敗因について「私どもの力が及ばなかったことに尽きる。謙虚に反省し、今後の糧にしなければならない」とメモを読み上げた。

 警視庁は会見で、A4用紙16枚の捜査結果概要を公表。「オウム真理教による組織テロと認めた」として、教団幹部ら8人をアルファベットで記載して判明した捜査結果を評価したが、「可能性が高い」「推認される」などあいまいな表現が随所にちりばめられた。

 会見では「あいまいな根拠で犯行グループと断定し、公表するのは人権侵害にあたるのではないか」との質問が相次いだ。青木部長は「15年間、48万人を投じた捜査について国民に説明する必要があると考えた。オウムによるテロの悲劇を二度と繰り返さないことが大事で、人権にも配慮して公益性の観点から判断した」と述べた。

 捜査を主導した公安部と刑事部との間で連携不足があったのではとの指摘に対しては「発生当初から刑事部も多数(の捜査員)が入り、一体となって捜査した。総力を挙げて全力で捜査した」と述べ否定。教団による事件と決めつけた捜査だったとの批判については「特定の見立てや構図によってなすべき捜査がなされなかったことはないと確信している」と語った。

 大阪市で01年に起きた現金輸送車襲撃事件などで無期懲役が確定し、毎日新聞などに「狙撃事件を実行した」と主張する男(79)の関与については、「捜査結果と矛盾する点が多数あった」として「事件とは関係ないと判断した」と述べた。

 捜査結果概要は31日から1カ月、警視庁のホームページに掲載される。【村上尊一】

【関連ニュース】
警察庁長官狙撃:時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」
警察庁長官狙撃:延べ48万人動員実らず…時効成立
警察庁長官:DNA型の試料「面前で封印を」
ネット違法情報:削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁
地下鉄サリン:15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」

アニメ、ゲーム…「日本」を売り込め=輸出後押しへ、文化産業戦略-経産省(時事通信)
【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
上方漫才大賞に中川家(時事通信)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
久々の卵? トキが産卵の可能性(産経新聞)

恋人たちも富士山も赤い糸で 巨大招き猫が“世界遺産”後押し(産経新聞)

 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)のアトラクション「ナガシマスカ」内に、恋愛成就の御利益があるといわれる高さ10メートルもの「夫婦招きネコ」をご神体に、さい銭箱が置かれている。

 同社が遊び心で設置したのだが、“この恋を実らせて”とお金を入れるカップルが多い。円形ボートで急流を下るアトラクションということで、周囲の池にローマの「トレビの泉」を思ってお金を投げ入れる利用客も多い。

 トレビの泉では、後ろ向きでコインを1枚投げ入れるとローマを再び訪れることができ、2枚だと大好きな相手と永遠に一緒-などの言い伝えがある。このコインはチャリティー団体に寄付されているようだ。

 世界文化遺産候補にあがっている富士山のふもとの同社も、遺産登録を待ち望んでいる。そこで、たまった浄財を「富士山遺産登録山梨県推進募金会」に寄付を思い立った。

 25日に夫婦招きネコの前で、スケートの岡崎朋美さんがプレゼンターとなって「富士山の世界文化遺産登録に役立ててください」と、浄財に従業員の寸志を加え50万円を募金会に寄付した。

 富士山も世界文化遺産と赤い糸で結ばれてほしい。岡崎さんは「富士山がまだ世界文化遺産でないなんて信じられない。一日も早く登録されるようにとの気持ちを込めて渡しました」と話した。

 同県世界遺産推進課は寄付金を学術調査費などの登録経費に充当する計画だという。

【関連記事】
女性の9割「本命以外の告白」もOK
受付嬢が激白…第一印象だけで身も心も許す!?
男性の好みは「すっぴんのようなナチュラル美肌」
婚活がエコにもつながる!? 記者がパーティーに潜入
ネットなしでは生きていけない…データ損失は「失恋並み」?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)
横尾忠則さん、泉鏡花文学賞受賞後第2作 小説集「ポルト・リガトの館」刊行(産経新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
自民幹事長、舛添氏と会談(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。